© 2017-201 The RSA Japan Fellows' Network

Divya Marie Kato FRSA A Dragon Through The Seasons: Spring. Summer. Autumn.

February 26, 2018

This commission for ANA Intercontinental Tokyo was created exclusively for their renowned Chinese restaurant, Karin.

 

 

 

 

The triptych features dragons, symbolic of power and prosperity, inspired by 2018's animal - the dog. Divya was blessed to have two very helpful and genki models to work with Doris & Lucy pictured below.

 

With the dragon growing up within each season, the painting celebrates the widely praised, seasonal menu at Karin.

 

The dragons on the right and left, with their mouths open and closed respectively, honour the concept of A-un (阿吽), the Japanese translation of a and hūṃ, written in Devanagari as अहूँ.

 

This original, Sanskrit term is made up of the first and last letters of the Sanskrit alphabet, which represent the beginning and end of all things.

 

In Japanese Mikkyō Buddhism, the letters represent the beginning and the end of the universe and in Japan it's common to see the paired statues of the Nio (guardians) and Komainu (lion-dogs) at the entrance of temples and shrines, one with its mouth open to pronounce the sound "a", and the other with its mouth closed to utter the sound "um".

 

Special Thanks

Special thanks to Karen Thomas of Toriizaka Art for making this possible, to James Miller, Patric Hadorn and Michel Chertouh of ANA Intercontinental for making this happen and to my husband, Masahiro and my parents, Rathi and Christie, for making me. In more ways than one. Wholehearted thanks also to Cassandra and my four-legged muses, Doris and Lucy, for keeping me company in the studio and for teaching me the ways of the dragon.

 

Artist Bio

Born in Paris, to Indian parents, raised around the world and educated in the U.K., Divya Marie Kato is an artist and drawing teacher who came to Japan in 2005 to study the traditional arts. This commission has brought her full circle to these early days in Japan, when she first saw dragons while studying in Nikko, Tochigi. Tokyo has since become home and she continues to paint and teach in parallel; an aspect fundamental to her work. Following the success of events, workshops and classes, she founded her own business, When In Doubt, Draw, where she strives to empower people through creativity and the simple act of drawing. She continues to teach in her drawing

divyamariekato.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京より依頼を受け、オープン当時からこのホテルを代表するレストランである中国料理「花梨」の為に今回の作品を描きました。


この3枚の連作である龍は「力と繁栄」の象徴であり、2018 年の干支である戌年から着想を得ました。
ディヴィヤは原画を製作するにあたって、モデルになってくれた二匹の元気な犬たちにとても助けられました。(ドリスとルーシー:下段写真参照)


今回の春・夏・秋の連作は龍の成長を表しており、春から幼年期、青年期、中年期と成長しています。春夏秋冬の季節にあった食材を素晴らしい料理に変える「花梨」のモットーを表現いたしました。左右に配置された春と秋の龍は、口が開いている方が阿形(あぎょう)、閉じている方が吽形(うんぎょう)となっており、伝統的なコンセプトを踏襲しています。サンスクリット語では阿・吽は文字の始まりと終わりであり、日本に真言密教等が入ってきた時に同じく宇宙の始まりと終わりの意味であると訳され、お寺や寺院の門に配置された仁王像や狛犬なども阿形・吽形に作られ、配置されています。


スペシャルサンクス
鳥居坂アート(Toriizaka Art)のカレン・トーマス:この作品を描く機会を与えてくれてありがとうございました。
ANAインターコンチネンタルホテル東京のジェームズさん、パトリックさん、ミッシェルさん、そして私の夫でありマネージャーのマサ、私を作ってくれた両親にも感謝しています。
スタジオを提供してくれた友人のカサンドラとアトリエのミューズであるドリスとルーシーにも。この二匹の犬が私のスタジオにいてくれたお陰で龍のことをもっと知ることが出来ました。

 

ディヴィヤ・マリ・加藤 プロフィール
仏国巴里生まれ。南インド出身の両親の元に生まれ、5歳から英国へ。父の仕事の関係で世界の色々な場所で教育を受ける。
ディヴィヤ・マリ・加藤はアーティスト・美術教師であり、2005 年に日本の伝統美術を学ぶ為に来日。栃木県日光市に住んでいた際に初めて出会った龍の絵から巡り巡って今回の依頼を受け、絵を製作中にその頃の事を沢山思い出しました。
現在東京は彼女にとって生活の拠点であり、絵を描く事と、教える事を平行して行なっている大切な場所。企業イベントやワークショップ、グループクラスや個人レッスンをするにあたり人々に想像力を与え、絵を描く楽しみを教えるシンプルなアートメソッド「ウェンインダウトドロー」を開発。2018 年1月より代々木にドローイングスクール「アトリエ加藤」をオープン。
divyamariekato.com

 

 

 

 

 

 

school, Atelier Kato, in Yoyogi.

Share on Facebook